本番をしている裏デリヘルはとても多い!

裏風俗とは、無許可営業や売春防止法に抵触をしているお店や個人を指して良いでしょうが、
風営法に基づいて届出を出している、

  • デリヘル(デリバリーヘルス)
  • 高級デリヘル
  • 性感マッサージ

も、本番行為をしているケースも多くあります。
ネット用語で言うところの

  • 「基盤(基本サービスに本番を入れているお店や女の子)」
  • 「円盤(女の子にお金を払って本番をすること)」

というやつです。

普通のデリヘル店でも、
店側が本番行為を黙認しているケースが多く、
違法風俗状態として営業している店も多かったりもします。

  1. 高級デリヘル
  2. 韓国デリヘル
  3. 金髪出張
  4. 規模の小さいデリヘル

等は、多くのお店で本番行為が行われている現状もあります。

順を追って説明してみると、
高級デリヘルは、
ソープランドよりもサービス料金が高く、
例えば、120分コースで10万円以上のサービス料金を取るお店もざらにあります。(売れていないタレントやアイドルの子などが在籍しているケースも多くあります。)
その様なお店は、
サービス料金の高さゆえ、
本番が基本サービス(基盤)になっているケースも多いのですが、
普通に考えて、それほどの大金を払うなら本番が基本サービスに含まれないと、
顧客離れ等も激しくなり、経営が行き詰ってしまう。
その様な事情から、高級デリヘルは本番が基本サービスに含まれる基盤店が多いと言われています。
※また、高級デリヘルの中でも、
売れっ子の女の子になれば、
お金を払って本番を許している女の子もいる。(これが、風俗用語で言う「円盤」です)

2と3は、
ある意味で、日本の風俗の暗黙の了解になっている部分があります。
海外では、売春=セックスであり、本番が合法的ではない日本の風俗に、
外国人が驚いているくらいなので、
お店が、

  • 韓国出張
  • 金髪風俗

と謳いながら営業をしている時点で、
風俗業界的には「本番店です」といった隠語的な意味合いも、
風俗のヘビーユーザーには伝わっている部分もあるでしょう。

4については、
中小の規模のお店は、
「大手と勝負をするため」という意味合いが強くなっています。

大手と勝負をするには、男性客が一番望む行為を提供しながら、
常に綱渡りをしているのが、
中小のデリヘル店でもあるので、
実際に大手のデリヘル店と、
中小のデリヘル店のホームページを見比べたら、
予算の掛け方がすぐにわかるくらい、
大差があることが分かります。

つまり、

中小の規模のお店は本番サービスを提供しないと風俗業界ではなかなか生き残れない現状もある

ということも言えます。

そして、
デリヘルとは携帯電話(ガラケー)が普及した後に、
一気に広がりを見せた風俗の業種でありますが、
今やお店の受け付けは、
画面がとても見やすいスマホの画面になっています。

大きなお店は実に大きな予算をかけて、ホームページを作っていることが一目で分かると思いますが、
中小の規模のお店はどの様に対抗しているかと言えば、
本番サービスをして、
大規模のお店に対抗しているという現実もあったりします。

それをしないと生き残れない状況もまた、デリヘル業界の現状でもあり、
小さい規模のお店に入ってくる女の子は、
大きなグループ店の女の子に比べたら、
見た目は圧倒的に劣ってしまうので、
本番サービスでカバーをしているのが実情といったところでしょうか。

本番マニアは、
小さいお店で本番が出来そうなお店を探してみることもしていると思われます!

お店の生き残りの為、お店側が本番を黙認しているデリヘルも多かったりします!
お店の生き残りの為、お店側が本番を黙認しているデリヘルも多かったりします!