通常のデリヘルやホテヘルが本番サービスをしている一つの理由~ソフトサービス店の台頭~

本番を売りにした風俗が増えている原因についての記事も別ページにて特集していますが、
その様な状況を作り出している、もう一つの側面も取り上げてみたいと思います。

普通のデリヘルやホテヘルが本番をしながら、お店のお客さんの確保している(せざるを得なくなっている)新しい原因になっている状況の一つは、
同じ風俗業界の中にソフトなサービスを提供する風俗店がとても多くなっているということが挙げられます。

オナクラ店、手コキ店といった、普通の学生の率がとても高い、ハンドサービスのみのお店が多くなっている

ことは、
デリヘル店やホテヘル店、ソープランドにとってはとても大きな脅威になっていると言えます。
風俗に通う男性は風俗で遊ぶ際に、風俗業界の臭いがしない、より素人に近い女の子を好む傾向が強くあります。

更に、その様なお店は生フェラサービスが無いので、値段も低価格になっている為、男性客としては、手軽にそして最も通いやすい風俗の業種になっているとも言えるでしょう。

風俗ユーザーが好きな素人系の女の子が普通のバイト感覚で、

  • 脱がない
  • 舐めない
  • 触らせない

という、「風俗店が求人情報に出していること」を本当に実践しているその様なお店(※1)が、業界内にてとても勢力を拡大している為、
これまではデリヘルやホテヘルに数は少ないながら在籍していた、
素人系の女の子がごっそりとその様なソフトなサービスを売りにしている風俗に持っていかれている、という現状があります。

しかし、

素人系の女の子からの手コキの方が、風俗の臭いがする女の子による生フェラよりも好まれる傾向が強く

デリヘル店やホテヘル店が本番をしながら、
それらのオナクラや手コキ店に対抗をしている、といった現状もあります。
ソフトなサービスのお店に在籍している女の子の、

  • 大学生や専門学生の多さ
  • OLの人や普通の社会人女性の多さ

は、とても目立ち、
世の男性の風俗における素人志向の需要を満たしながら、
低価格で「抜きのサービスを提供している」という状態も、
オナクラや手コキ風俗が、業界の中で脅威になっている現状があります。
※それは、オナクラや手コキ風俗の店舗数の増加が物語っているとも言えます。

その様な、風俗業界の側面は、
デリヘル店やホテヘル店に本番を通常サービス(基盤)や円盤として取り入れながら、
本番が出来るお店として対抗をしている状況になっているのも、今の風俗業界であったりします。

(※1、風俗店が求人情報誌や求人サイトに載せている「脱がない、舐めない、触らせない」といった文言は、
女の子に対する「釣り文句」であることがほとんどで、
「その様なお店も系列店にありますが、儲からないので、デリヘルでまずは体験をしてみましょう・・・」といった感じで、デリヘル店へ誘導をするのがこれまでの風俗店の求人の出し方でした。)

デリヘルやホテヘルは本番をしながら素人系の女の子が多く在籍する、オナクラ、手コキ風俗に対抗をしていることも風俗業界の側面でもあります。
デリヘルやホテヘルは本番をしながら素人系の女の子が多く在籍する、オナクラ、手コキ風俗に対抗をしていることも風俗業界の側面でもあります。