裏風俗の闇の面について~チラシを撒いている悪徳業者は利用しないことです~

裏風俗の定義をまとめてみると、

  • 届け出を出している合法店でも違法行為である本番行為をしているお店
  • ソープランドや遊郭(実質的には、本番を売りにしたお店になるので、違法風俗になります)
  • 届け出を出しておらずマンションにチラシを投函しながら本番を売りにしているお店

等になります。
法から逸脱している時点で、裏風俗になり、
主な裏風俗は本番行為を売りにしている風俗になります。

それらの中でも特に

悪質であり、届け出を出していない状態で闇営業をしている風俗の実態

について触れてみたいと思います。

主に一人暮らし向けのマンションやアパートの郵便ポストに、小さなチラシ(フライヤー)を、撒いてお客さんを集めている風俗は、基本的には本番を売りにしています。

ほとんどのお店は本番を匂わせる表現や写真を、小さなチラシの中に入れて、
利用者に対して暗に本番を伝えているのですが、
それらの悪徳業者は、

美人局(つつもたせ)といって、「俺の女に手を出しただろ!落とし前をつけろ!」等という言葉で脅しながら、

本番行為をしたことに対する損害金を脅迫する手口の業者になります。
当然、取り締まりの対象になりますので、
長期的にその様なお店が運営をし続けることは無いのですが、
その点は、運営をする側も理解しており、

最初から

短期的に大きなお金を手にして、直ぐに撤退をする計画でその様なお店を出して(チラシを撒いて)、あっという間にお店を閉めます

お店というよりも、ただの悪徳集団ではありますが。

従って、一人暮らし用のマンションに住む場合に、とても多く投函される「違法風俗のチラシ」については、利用を避けるべきです。

それらの中に上記の様な悪質な業者も交じっており、最初から本番が出来るソープランド等を利用しておけば良かった、ということになります。

お金を脅し取る悪徳風俗の実態とは、
風俗業界そのものが、出会い系サイト等の巨大ライバル
(出会い系サイトで、知り合った男女は本番をすることが普通の世界であります。)
を強力な相手にしている現状があると言えます。

風俗店でも本番をしないと生き残っていくことが難しい現状を巧みに利用しながら、
そして、本番を期待させる手法を取りながら、その罠にはまった人を貶める形態の運営をしているのが、
チラシを撒く違法風俗店の一部の実態でもあります。

この様な悪質行為をしているお店ですがなかなか無くならないのも、裏風俗の闇の部部でもあります。

札幌の風俗福岡の風俗は、ソープランドが多いので、
それらの地域では、最初からソープランドで本番をする様にしましょう!
(ソープランドも実質的には違法風俗ではありますが、取り締まりの対象になっていないのが現状です。)

闇風俗の中には、本番をしたことによる損害金を脅し取るお店もあります。チラシを撒いている違法風俗店は要注意です。
闇風俗の中には、本番をしたことによる損害金を脅し取るお店もあります。チラシを撒いている違法風俗店は要注意です。