風俗嬢に個人契約を持ちかけてみる~出勤頻度の低い子は狙い目~

風俗嬢、デリヘル嬢の中には、
  • 大型連休
  • お盆
  • 年末年始
等、
連休時のみ出勤をしている子は一定数おり、珍しくはありません。
そして、
普段は正規雇用でのOLさんの女の子等も、風俗店に在籍だけしている子も多くいます。
それらの子は、
上記の様な長い連休以外の時は風俗店での出勤はしないレア出勤の子でもあります。
大きな会社ほど連休の日数は長くなる為に、
その連休時のみ出勤をしてくるOLさんも風俗には、意外にも多くいます。
大きな会社に正規雇用で在籍をしているからと言って、
女の子の経済状況が良いというわけではなく、
風俗に在籍を残しているということは、何らかの理由がある女の子というケースがほとんどであります。
  • 借金を抱えている
  • 性欲があり過ぎる
  • 常連の指名客を持ってい る(長時間コースで遊ぶ、太いお客さんを持っている)
など、
何らかの理由があるケースや、
女の子の側にメリットがある場合がある為、
風俗店に在籍を残している普通の一般企業のOLさんは珍しくありません。
長い連休が来る時期には、気になっている女の子の出勤傾向には注目をしてみましょう。
特に、年間を通して連休時のみ出勤をしている子は、
上記の理由から注目の子でもあります!
そして、

連休時のみに出勤をしている子を見つけたら、個人契約を提案してみましょう。

 つまり、
お店を通さずに、女の子と直接契約をしてしまうことなのですが、
メリットとしては、
  • 本番が基本サービスになる
  • 一回のサービス料金が全て女の子のの手元に残るため、女の子にとっても金銭的なメリットが大いにある
等、個人契約が成立をしたら双方にメリットが生まれます。
ただし、大人の関係になるので、
交渉能力や女の子からの信頼を得る必要は出てきますが、
個人契約を提案して拒んでこない女の子は、金銭的なメリット等が大きいこともある為、それほど珍しいことではありません。
風俗店を利用する上では、引き抜き行為とみなされることもありますが、
この様なことが珍しくないのも風俗の業界でもあります。
また、たまに出勤をすることが許されている風俗嬢は、
お店からも信頼を得ている子が多いこともありますが、
本業の会社の就業規則を破ってしまう、少々破天荒な子も多い為、
個人契約の話を持ちかけるには向いている子も多いです。
個人契約をしてくれる女の子を探すことも風俗で遊ぶ一つの醍醐味でもあると言えるでしょう。
女の子と個人契約が成立したら、そこからは女の子に直接サービス料を払う裏風俗が成立したことになるでしょう。
たまに出勤をしているレア出勤の子が出勤した場合は、指名をして個人契約を持ちかけてみましょう。
たまに出勤をしているレア出勤の子が出勤した場合は、指名をして個人契約を持ちかけてみましょう。