本番風俗や裏風俗とは何なのか!?

裏風俗というものは、

  • 風俗マニアの間や
  • ネット上の情報として

その言葉自体は広まっているものの、
その定義は意外にもあいまいだったりします。

裏風俗について結論から説明をすれば、

  • 法律違反のサービス(本番行為)をしている風俗(特にデリヘルは多い)
  • 路上キャッチ(法律に反する行為なので)をしている風俗や個人や集団、立ちんぼ
  • 売春防止法を破っているお店や人たち
  • ビラを撒いているお店(風俗のビラ撒きは違法ですが、主に地方の人は見かけると思います。マンションには良くフライヤー(小さなチラシ)が投函されています。)

のことを言って良いでしょう。
つまり法律を破っている状態で、
身体を売ることをしていたら、
それらは全て裏風俗の定義に入ってしまうと言えるでしょう!

では、裏風俗の情報とはどこで出回るのか、
といえば、

  • ネット上の掲示板
  • 口コミサイト

になります。
そして、裏風俗の利用者達からその情報は投稿され、共有され、
言ってみれば、

  • ネット上で本番情報などの情報交換が行われ、
  • そのお店や裏風俗や立ちんぼなどの情報が更新

されながら、
裏風俗・本番風俗というものが成り立ってしまっているという状況であるといえます。

これらのサイト上(掲示板や口コミサイト)にて、

  • 本番ができてしまうお店の情報やデリヘル嬢の情報
  • 若い子を相手にセックスが出来てしまう立ちんぼがいるスポット

などの情報が広まっているので、
実際に裏風俗を利用しているネット住民(裏風俗の情報を提供している人たち)によって、
裏風俗がの情報が共有されながら、それらのお店が支えられている現状であったりします。

つまりは、

ネット上の情報によって裏風俗の情報が出回っている

状態、ということになるのですがその情報の主な提供者は、

  • 風俗のヘビーユーザー
  • 本番マニア(普通の風俗の生フェラ等のプレイでは物足りない人たち)
  • それらの情報を投稿することに喜びを覚えている人たち

と言えるでしょう。

そして、ネット上の情報をどこまで信じて行動をするかは、
個人の責任になります。

それらの情報を元に、
裏風俗(非合法なサービスをしているお店)の情報が、
どんどん出回り、またそれらが更新されている現状を考えたら、
風俗における本番需要というものがとても高いとも言えるでしょう。
※しかし繰り返しにはなりますが、売春防止法に抵触することになります。

しかし、
普通の本屋さんにて販売されている複数の雑誌(人気のある月刊誌など)にも裏風俗の情報は載っています。
※本来は、出版が認められてはならないはずなので、野放しになっている現状はとても不思議な状態ではあるのですが、
この辺も日本社会における取り締まり対象があいまいになっている部分でもあります。

裏風俗・本番風俗の需要が続いているために、ネット上や雑誌での情報が更新されている

 

需要の無い情報というものは、
淘汰され、やがてはなくなってしいますが、
それらがなくならないということは、
裏風俗は非合法ながら存在をし、一定(またはそれ以上)の需要を保っているということが言えます。
※情報更新の頻度などから、裏風俗の需要は確実にあるということになってしまいます。

そして、

裏風俗の現状とは警察や検察とのいたちごっこをしている状態

であるとも言えるでしょう。
違法風俗を運営する側が、検挙されてはまた新たに違法店が出来て・・・
というサイクルを延々と繰り返しています。
ネット上でも過去の情報から、
最新の情報まで多く出回っている事実を見れば、
今後も本番風俗・裏風俗はなかなか無くならないものと考えられます。

ではなぜ、
裏風俗が無くならないのは、
風俗嬢の多くが「今日は警察官の人を相手にした」という子も多く、
取り締まる側であり、法の執行人である警察や検察も、
プライベートにおいては風俗(または本番風)を利用している人が多くいるということが言え、
完全に取り締まることができない現状もあったりするのではないでしょうか。
(これは推測になりますが、公務員の方が風俗を利用している事実が、
公にさらされてしまう事態を防がないといけないという事情があると思います。)

※皮肉な話ではあるが、自分たちの欲望(性欲)に負けて、
本来、取締りの対象であるはずの者たちを取り締まってしまえば、
自分たちに火の粉が飛んでくることを恐れている現状もあると考えられます。

最後のまとめとして、

裏風俗とは、風俗マニアによる、ネット上の投稿・投票行動

によって、その言葉(裏風俗)や、その存在が支えられている一面がある、
ということになるでしょう。
また、アイドルやモデルの卵の人たちも、
本業の傍ら、高級デリヘルなどで働いている現状も多くあったりします。

しかし、
危険を冒したくなく、

  • 普通に風俗を楽しみたい人
  • 過激に風俗は楽しみたいけれど、リスクを冒すことには躊躇がある人

は、
デリヘル情報を参考に、多くのお店を参考に、自分が安心して遊ぶことが出来る風俗店というものを持っておきたいものです!

風俗で本番がしたいという欲望は、
男である以上、
誰もがあるとは思いますが、危険な橋を渡ることでもあり、検挙・逮捕をされることも大いにあることだけは頭に入れておきたいものです。

裏風俗のことを考えずに、
普通の風俗で大いに楽しむことも、風俗を満喫する上では安心な選択肢でもあるでしょう!

本番風俗、本番デリヘル、裏風俗とはネット上の情報によって、その存在の情報共有がされている常態が現状であったりします。
本番風俗、本番デリヘル、裏風俗とはネット上の情報によって、その存在の情報共有がされている常態が現状であったりします。